· 

上流SE向け採用説明会開催のご案内|エンジニアブログ

こんにちは。KDDI株式会社の情シス勤務のヨシタケです。

1月25日(金)19時より、新宿明宝ビルの当社オフィスにて、上流SE向けの採用説明会を開催することになりました。

説明会のご参加の申し込みは こちら から

■上流SE向け採用説明会開催

日時:1月25日(木)19時~(1時間程度)

場所:新宿明宝ビル7階

内容:

・KDDIエボルバ会社説明

・社内SE、運用SE業務説明

・現場で働いている社員との質疑応答

参加お申込み:

https://www.k-evolva.com/form/it-info/

 

現場で実際に働いている社員に質問する時間を十分に取っておりますので、「どういった開発環境で働くのか?」「開発規模ってどのくらい?」等、気になる事をぜひ参加いただいて解消していただければと思います。

 

■社内SEはどういった仕事をしているのか

社内SEとひとことでいっても、企業によってもその役割はさまざまで、職務内容も多岐にわたります。

私たちの部署は、現在113名のメンバーがグループ企業であるKDDIの情報システム本部に配属されていますが、担務は以下グラフの通り、バラバラ。

執筆中の私も、情報シス内の大型プロジェクトでPMO業務をしておりますが、うちの組織からPMO担当としてアサインされているメンバーは他にいません。

ただ、担務はバラバラでも自社メンバー間のコミュニケーションはありまして、相対システムとの調整などでは、自社のネットワークを活用して、効率よく業務を進めることができています。

PMOの職務遂行にあたっては、客先の情シス本部以外まで張り巡らされた自社の独自ネットワークに、何度も助けられてきました。

 

さて、今回の説明会では、現在重点強化中である下記2職種についての説明を予定しております。

 

・上流工程担当エンジニア←特に強化中

・運用監視エンジニア

 

「上流工程って具体的にどんな感じなの?」という方もいるかも、、ということで、今回は当社で上流工程を担当するメンバー4名にアンケートを取りました。 

●H.Kさん

エボルバ就業歴:5年

担当業務:KDDI社内情報系システム(BIツール)の開発、運用保守業務

平均残業時間:28時間/月

エボルバ生活でほろ苦かった出来事、よかったこと:

対向システムや利用部門が多岐に渡る為高いコミュニケーション能力が要求される⇒複数の部門にかかわった事で短い時間の打ち合わせで要件を引き出せるようになった。

他社では経験出来ない大規模なシステム開発に上流工程から携わることが出来る。

●H.Kさん

エボルバ就業歴:5年

担当業務:アプリ開発の上流工程全般

平均残業時間:20時間/月

エボルバ生活でほろ苦かった出来事、よかったこと:

本社に帰る機会が少ないので、本社メンバが分からなかった事⇒現場の意見から担当者リストを作ってどの部署にエボルバメンバーが配置していることを確認できるようにした。

通常では経験できない大規模のシステム開発に携われた事。

●A.Iさん

エボルバ就業歴:4年

担当業務:情シス開発案件の業務要求定義

平均残業時間:10時間/月

エボルバ生活でほろ苦かった出来事、よかったこと:

失敗が続いている人が自社社員だったのを知ったとき、連帯責任のようなやるせない気分になった⇒周囲に同じ思いをさせないよう自身の仕事を確実に達成できるように気持ちを引き締めた。

自分が関わったサービスなどをauパンフやHPなどで見るとやりがいを感じる。

●T.Iさん

エボルバ就業歴:4年

担当業務:インフラ系開発エンジニア/システム更改PJ参加や構成変更対応

平均残業時間:15時間/月

エボルバ生活でほろ苦かった出来事、よかったこと:

片道3時間かかるデータセンターに朝から入局するのは辛い…⇒発注元の責務として立会いをやりきった事でベンダーの信頼を勝ち得た。

社内調整業務などで他業務のエボルバメンバーに何度も助けてもらった。

どんな職場にいっても、悪い事、良い事があるということで、求人サイトには載らない「苦いコメント」もご紹介しました。

これだけの人数がいれば、いろいろあります。

全員の不満がゼロになることは難しいですが結果として「エボルバで働いてよかった」になるようによりよい組織作りに励んでいこうと思っています。

 

なお、現在当組織の有休消化率は約70%、平均残業時間は30時間/月。

2017年から「働き方改革」の取り組みははじまっており、今後も働きやすさは向上する予定です。

 

大規模案件の現場を体感したい、ワークライフバランスを見直してプライベートを充実させたいという方、ぜひ一度当社の説明会にお越しください。

ご検討、宜しくお願い致します。