· 

運用・保守担当!社会人2年目の春!/エンジニアブログ

はじめまして!

運用2本部ITソリューション1部テクニカル2Gに所属しております脇田と申します。

 

春っていい季節なんですが、あまり好きではありません…なぜなら!花粉症だから!

…今年もかなりやられていました。。。

薬を飲み忘れてた日にはもう…(笑)

春になって目がゴロゴロする、くしゃみが出るなぁという人…諦めて花粉症と認めましょう!

 

…本題に入ります!

 

タイトルのように今年2年目のまだまだ若手でございます。

エボルバのITS職はまだまだ新卒採用を始めたばかりで、自分たちは2期生となります。

今年の新卒はどうやら僕らの代の倍以上の人数という噂を聞きました…。

ですので、今後新卒で入社を考えているみなさん、また、エボルバってどんな会社?と興味を持ってくださっているみなさんに、この1年間私がどんな事をしていたのかという事を書かせて頂きたいと思います。

 

4月の中旬頃までの研修は総合職と合同研修を行っておりました。

合同研修ではビジネスマナーを始め、エボルバを知るということでコンタクトセンター見学に行くなど座学以外でも学ぶことがありました。

 

4月下旬に入りますといよいよIT職だけでの研修がスタート!

私は文系の大学に行っていましたので、そもそもネットワークってどうやってつながっているんだ??

というとこからのスタートで他の同期に追いつけるかな?とかの不安はありましたが、丁寧に教えていただけました。

 

研修では実機を用いて繋いでみることをやりました。四苦八苦しながら半日かけてやっと繋がったときはとても嬉しかったことをよく覚えてます。

また、資格取得に向けた座学もあり、小テストなどを行いながら同期と切磋琢磨しながら勉強をしてきました。

 

そんな研修が約1か月続き、いよいよ6月は現場配属。

私が配属された部署は大規模ネットワークの運用、保守業務。

 

配属されてまず最初に良かったなと思ったことは、チームのほとんどがエボルバ社員であるということ。

みなさんとても優しい方ばかりでしたのであまり緊張もしませんでした。

 

それから約3か月間のOJTを受け、いよいよ独り立ち!

自分からしたら、まだまだなのではないかという不安もありました。

しかし、そんな不安はすぐ次に変わっていきました。

新たに配属される人を教える側に。

 

懇親会
現場での意見交換会を行いました

ゆっくり振り返っていると日が暮れてしまいそうですのでこの辺までで…

あ、写真は3月にあった研修後にみんなで飲みにいった写真ですね。

1年間やってきたことをそれぞれ発表し共有した、貴重な時間となりました。

 

現場に配属されてから約9か月間気が付けばあっという間に終わっていました。

でもそれはただ何となく過ぎていったわけではなく、社会人として大切なことを学んでこれたと感じています。

 

今後はますます知識をつけて頼られる先輩へとなっていけたらいいなと思っています。

 

ぜひ入社されましたら一緒に頑張っていきましょう!

以上です!