2018年度ITスペシャリスト職新卒 第三弾!文系からITの世界へ

はじめまして、皆さんこんにちは!!

ITスペシャリスト職の松本、海老原、戸所、相馬、竹林です。

私たち文系出身ですが、頑張って勉強中です!

まず、私たちがどれほどの初心者かといいますと・・・

 

就職活動の際に、面接官の「何の言語を学んでいますか?」という質問に「英語です!!!」と答えてしまったり、キーボードの記号の配置すらあまり分からない人たちでした(^▽^;)

 

そんな私たちが最初に行ったIT研修はなんと実機研修でした。

内容は、ルータを使ってPCを繋げることです。

ルータを繋ぐにしても、知識がないのでどの差し込み口にケーブルを差し込めばいいのか?どのケーブルを使えばよいのか?IPアドレス?サブネットマスク?そもそもルータってなんなの?

という疑問がたくさんあったので、この状況から本当にルータを設定できるのかと不安になりました。

 

ciscoルーター
研修室に使ったルーターです

そんな中、どうやって私たちはこのような疑問を解決していったのでしょうか?

 

その答えは2つあります。

 

1つ目は、疑問に思ったことを気軽に聞けることです。

毎日研修後にその日の復習も兼ねて小テストを行います。そこで、自分の理解度を確認し、「どこが分からないか」を洗い出します。そこから、日報で講師に報告します。

 

2つ目は、分からないことを分かるまで教えてくれることです。

日報で報告した次の日に、分からないことを重点的に、かつ納得するまで教えてくれました(*´∇`*)‼

 

そういったことを何度も繰り返していった結果、最初に行った実機の理屈が分かりました。

 

この研修を踏まえた上で、今後、KDDIエボルバの社員として1日も早くスペシャリストになりたいという情熱を抱くことができたので、まずは3つの専門分野を極めることをポイントに考えています。

 

1つに特化している人はだいたい1/100ぐらいなので、3つ極めると100×100×100になるそうです(ホリエモンが言ってた)。

そのため、エボルバの中でも希少性があるエンジニアになりたいので、エンジニア×○○×○○の3つの分野を極めて、スペシャリストになれるよう日々精進していきたいと思います。

 


2018年度ITスペシャリスト職新卒

関連記事はコチラ↓↓↓