講師も生徒も社員!ブートキャンプ(社内研修)のご紹介

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

エボルバ歴2年目、関西のタニカシラと申します。

私は前職で携帯電話の基地局やセンター設備の運用・保守業務に携わっていました。

 

その際にエボルバ社員と一緒に働く機会があり、エボルバの社風や社内での取り組みなどの話を聞きました。

この会社であれば自分自身がステップアップできると信じ、転職を決意して今現在は過去の経験を活かし携帯電話基地局の品質改善業務に従事しています。

 

品質改善業務と言っても様々あるので、ピン!と来ない方が多いと思いますが、私が現在行っている業務は少し前にテレビCMでよく耳にしたCA(キャリアアグリゲーション)です。

 

CA(キャリアアグリゲーション)とは簡単に言うと2Gと800Mの周波数帯を束ねて帯域を広げることで通信速度を上げるという物です。センター側からPCを使い、遠隔で運用中の基地局の電波を止めて作業します。少しの間違いも許されない厳しい業務ですが、通信の品質向上に貢献していると実感出来る、やり甲斐のある業務です。

 

これまでの業務経験で「無線なら任せてください!」と言える自信はあるのですが、NWについては初心者と言っても過言はありません(自信満々)。そこで基礎知識を身に付けようとCCNA取得を目指し、「CCNA ブートキャンプ」に参加し、奮闘しています。

 

「CCNA ブートキャンプ」とはCCNA取得を目指す社員が参加する研修です。

エボルバでは社員が講師となって様々な研修が開催されており、興味のある研修に自由に参加できます。

反対に得意分野を活かして自分自身が講師となって教える事もあります。

 

私がエボルバでステップアップできると思った理由の一つはこの研修です。社員同士がお互いに高め合える環境があっていいな!と前職で思っていました。

 

「CCNA ブートキャンプ」は週一回、18:00~20:00の約2時間の開催です。

ping-tのサイトを利用して自分のペースで勉強を進め、理解できない部分を講師に解説をして頂くというスタイルで実施しています。

初めは分からない事だらけで正直辛かったですが、講師の方の解説が初心者の私でも理解できるほど分かりやすく、最近はNWの勉強が楽しくなってきました。

 

ping-tの勉強だけではイメージが付き難いという事で定期的に開催されている実機研修にも参加しています。NWの業務経験のない私でも講師の方に解説してもらいながら実際にCISCOのルーターを使ってルーティングの設定などを行う事が出来ました。

 

下の写真は「CCNA ブートキャンプ」の様子です。今は受講人数が少なく、講師の方にガッツリと解説してもらえるチャンスです!

CCNA取得を考えているエボルバ社員の人は是非ご参加ください。

 

 

研修風景
ブートキャンプの様子

研修関連記事はコチラ↓↓↓