· 

入社を検討している方々へ。入社9か月目の振り返り

エンジニアブログをご覧の皆様、こんにちは!
入社9ヶ月のフジタです。

入社してしばらくが経ち、ようやく落ち着いてきた今日この頃ですが、私が経験した転職~配属後までの出来事について、つらつらとご紹介して行きたいと思います。
※文才が皆無のため読みにくいところはご容赦を!

 

前職ではユーザー企業の社内SEとして、ソフトウェア開発やインフラ運用、コンシューマ向けのWEBサービス開発等に携わっていましたが、エンジニアとして「更なるスキルアップ」や「キャリア形成」についてしばしば考えることがあり、将来を見据えて「もっとチャレンジできる環境で働きたい!」と思うようになりました。
その思いを実現させるため、転職を意識するようになり縁が合ってエボルバに入社しました。

 

入社前は新しい環境に若干の気負いもありましたが、実際に入ってみるとそれは杞憂で、覚えることは沢山ありますが周りのサポートもあり徐々に慣れていくことができました。


また、入ってよかったと感じることが二つあります。


一つはワークライフバランスが優れていることです。
働き方改革を推進しており、残業抑制や有給取得の推進などでプライベートの時間を確保しやすい環境となっています。
小さな子供がいる親としては、家族で一緒に出掛けたり、子供との時間を増やすことができ非常に嬉しく思ってますし、その分仕事にも集中することができます。

家族で花火を見に行った際の一枚です♪
家族で花火を見に行った際の一枚です♪

二つ目は、やりがいを感じる仕事ができていることです。
業務は、ブランドサイトのCMS開発とコーポレートサイトの運用を行っており、どちらもKDDIの顔とも言えるサイトを支える役割であるため、とてもやりがいを感じます。

 

業務の分掌としては、上流工程を担当し、事業案件やサービス・プロダクト担当からの依頼案件の整理、各案件の要件定義、開発ベンダもしくはコンテンツベンダの調整・コントロール等のアプリケーションやコンテンツに関わることから、インフラの移設検討、運用フロー改善、セキュリティ対策の検討等も行ってます。

 

内容としては、色んな業務を行ってますが主にはCMSの要件定義をメインに行ってます。


CMSとは(ご存知だとは思いますが)、Contents Management Systemの頭文字を取った略称で、HTMLやCSS等の記述言語やWEB専門的な知識がなくとも、WEBページを作成・管理・更新できるシステムです。

 

要件定義では、CMSの機能で要件を満たせればWEBページの作成・更新をコンテンツベンダへ依頼し、要件が満たせなければ機能の新規追加もしくは改修を開発ベンダへ依頼する判断を行うため、CMSの理解度がとても重要になります。
CMSの機能については、開発ベンダの力を借りながら案件を捌きつつ覚えて行くことができます。

 

WEBページ作成・更新のイメージ
WEBページ作成・更新のイメージ


サイトの特性上様々なサービス・プロダクトと関わりがあり、数多くの基幹システムと連携を行っているため、一案件の要件定義を行うにも色んな部署の方と調整を行うケースがあり、配属して日が浅い時期はキーマンが誰か分からず奔走することもしばしば。。

そんな時は、配属先のチームやエボルバの先輩方のサポートを得られるので、繋がりの大切さを感じます!

 

現在、私はこれまでに経験のない規模のWEBサイトの開発・運用に携わり、前職とは違った体験をすることで、良いエンジニアライフが送れていると感じています。
今後も大きな案件が動いていくので個人的にすごく楽しみですし、是非チャレンジしていきたいと、今からワクワクしてます!

お役に立てることが書けたか、ちょっと(いや、かなり!?)心配ですが、

エボルバへの興味が深まって頂けたなら幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました!


関連記事はコチラ↓↓↓