· 

初めての上流システムへのチャレンジ

転職・就職活動中の皆さま、はじめまして。

中途入社3年目のキシと申します。

 

今回は自分のエボルバへ転職した経緯などを中心に記載できればと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

 

■現在の仕事内容

「スマホ決済サービスの開発/保守/運用」

ネット上で支払いを行うと通信料と合算で請求が来るあれです。

 

サービス開始からだいぶ経過しており、数千万人単位でユーザーもいる、成熟したサービスといえますがQRコード決済との連携を含む新サービスの導入など、今も開発はどんどん増えています。

 

RFP(RFI)作成/要件定義書レビュー、基本設計書レビュー、テスト仕様書レビューといった作業がメインとなり関連システムに影響がある場合には、各担当者と折衝も行う事も重要な業務です。

 

今や身近なサービスのひとつとなりました。
今や身近なサービスのひとつとなりました。

■転職理由とKDDIエボルバを選んだ理由

前職は大手SIerの下請け会社で、製造/テストを中心に行っていました。

 

当時の上司から、「目先の作業だけでなく、視野を広く持て」とよく言われていたのを記憶していて、自分もまったくその通りだとは思っていたのですが、下請けという立場では「誰が何の為にやるサービスなのか」というのもわからないまま開発をしていた事も多かったと思います。

 

今の環境では本当の意味で視野を広げていくのも難しいという思いと、サービスを提供する目線で開発がしたいという気持ちもあり、環境を変えるべく転職を決心しました。

 

エボルバの選考説明会の場で実際に業務にあたっていた方からの話を聞き、上流工程の業務経験は全くありませんでしたが悩んでいた環境を変えるという事ができると考え、転職を決意しました。

 

■周辺のフォロー体制と初めての上流工程

初めての事ばかりで苦労しましたが(今も日々そうでありますが…)何かに迷って、立ち止まってしまうというような事は多くはなかったと思います。

 

エボルバから出向先には先輩社員が数多く来ていますし、プロパーの皆さんもパートナー企業である我々を本当に気にかけてくれますので、常に相談できる体制があります。

 

また、直接開発担当と話ができるのも自分にとっては大きな強みになりました。

 

開発をお願いする、パートナー企業様の作業内容の把握やスケジュール調整も重要な業務になりますから、下流出身である自分からすると、同じ目線で会話ができる方がいると安心できますし、コミュニケーションを取る事で認識相違の発見や、システムの詳細の理解へ繋がると思います。

 

そういった場面では、これまでの経験が良く活かせているのかなと思います。

 

■テレワークと自由時間、資格の勉強など

現在の出向先ではテレワークで業務にあたっています。(チームでは週一程度の出社日を設けています。)

 

テレワーク専用のPCが配布されるので、それを用いて自宅で出社/退社の報告を行います。

 

出社、退社時にその日の業務内容報告を行い(一行程度の簡潔なものです)PCをログオフすれば、その日の業務は終了です。

 

おかげで通勤の時間がなくなりましたので、自由な時間が増えました。

 

個人的にはネット上の趣味が色々増えたなぁと思ってます。(ボイチャを繋いでのボードゲーム、ネットゲーム、eスポーツのオンライン観戦…etc)

 

そのほかでは資格勉強の時間に使っています。

 

エボルバでは個人的に利用できる「Udemy」アカウントを借りる事ができるので、資格の勉強といっても動画を見ながら学ぶ事が多いです。

 

資格にあたっては受験費用を全額支援してくれる制度がありますから、エンジニアとして資格取得しつつ成長していく事が今後の目標です。

 

テレワークで浮いた通勤時間を資格試験勉強に♪
テレワークで浮いた通勤時間を資格試験勉強に♪

コロナ禍という事で、普段とは違う転職・就職活動に苦労されている方もいらっしゃるかと思います。

一方、ビジネスのネット化が進んだ事で大きな変化(加速)もこのIT市場では起きている、とも思ってます。

 

この環境がまたとない機会となる可能性もあると信じて、皆さまもぜひ妥協ない会社選びをして頂けたらと思います。

 

自分のブログは以上となります。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

ITエンジニア採用についてはこちら
ITエンジニア採用についてはこちら
KDDIエボルバについてはこちら
KDDIエボルバについてはこちら